水で痩せる!?水ダイエットから山梨の水情報まで!

富士山

 

前の記事で、ミネラルウォーターと水道水の違いについてお伝えしたため、今回は水に関しての第2弾です。

私たちエニモの本社がある山梨は実は“ミネラルウォーター生産量日本一”なのです!

そんな水のおいしい山梨の水事情を紹介しつつ、水を飲むだけで簡単にできる水ダイエットについてお伝えします。

以前の記事が気になる方は下記からチェックしてみてください!

【今日のこだわり】ミネラルウォーターと水道水の違いとは!?メリットから安全性まで!

「山梨の水事情」

ミネラルウォーター生産量日本一の山梨は、全国のシェアの29.3%を占めており、その出荷額は約412億円にもなるそうです。(経済産業省平成26年度「工業統計調査」より)

 

山梨の水がおいしいとされる理由としては、富士山をはじめとする山々に四方を囲まれているというのがあると思います。

そのおかげか、湧水がでるところが多く存在し、そこにはミネラルをたっぷりと含んだ天然水がわいているのです。

私も山梨に来る前は東京におり、水道水のおいしくなさを感じていましたが、山梨に来て水道水を飲んでそのおいしさに感動したのを覚えています。

また、山梨には湧水で有名なスポットがいくつかあるので紹介します。

〈山梨県で有名な湧水スポット〉
・忍野八海
山梨県忍野村にあり、環境省により名水100選に選ばれています。
湧水からなる8つの池を総称して忍野八海とされています。

・湧玉池
山梨県富士宮市にある湧玉池は富士山からの湧水が出ます。
毎日20トンもの湧水が出ることなどから、国の天然記念物に指定されているそうです。

他にも、”なるさわ”や“富士吉田”など道の駅にも湧水スポットがあるそうです。

近くを通った際にはぜひとも寄ってみたいですね。

 

(参考:http://www7b.biglobe.ne.jp/~kanagawa_meisui/yamanasi_area.htm)

 

水

「飲んで痩せる!?水ダイエットについて」

水を飲むことで直接的に痩せるということはありませんが、間接的にダイエットに効果があります。

人間が生活するうえで一日に必要な水の量は、約2.5リットルと言われています。

その半分以上が、汗や尿により体外に出て行ってしまうため、水が不足しないよう定期的に摂取する必要があります。

水を必要量取ることで血流が良くなり老廃物が流れやすくなるため、むくみ改善やダイエット効果も期待できます。

水を飲むことは腸の働きが良くなることにもつながります。
すると、女性でも多くの方が悩まれる便秘の改善にもなるのです。

また、腸内環境を整えることで、消化吸収が良くなりもします。

水は飲み過ぎないように気を付けながらも、健康のためにもこまめにとるようにしましょう!

 

 

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です