【今日のこだわり】日本人が毎日使っているタオル!意外とこだわっている

日本人のタオルへのこだわりとは、どれくらいなのか! ?

実際、皆さんは毎日、お風呂から上がった後タオルを使っていますよね。

他にも、洗い物をした後に手をふく時や、スポーツをする時など場面ごとによって違うタオルを使っています。

知らず知らずのうちにタオルを使っていて、種類もたくさんあるのにただのタオルとしてしか使っていないという現状があるのです!

じゃあどれくらいの種類があるのかというと、紹介しきれないので、代表的なタオルを列挙していきますね。

タオルは使い方によって呼び名が付けられています。また、同じタオルだとしても使い方によって呼び名が違うことがあります。


フェイスタオル
洗顔や入浴等で使用するもっともポピュラーなタオルです。幅30~35cm、長さ80~90cm程度です。

バスタオル
湯上りに体を拭くときに使うタオルです。幅60~80cm、長さ110~150cmです。

ハンドタオル
「片手に持てる」というニュアンスのタオルで、ウォッシュタオル(洗う)・ハンカチタオル/タオルハンカチ(手拭き、汗拭き)、タオルチーフなどの総称です。幅、長さともに35cm以下です。

ハンカチタオル/タオルハンカチ
ハンドタオルの中で、ハンカチ用として使用するものを言います。ハンカチと呼ばれるタオルは、20~30cm角のものが多いようです。

キッチンタオル
食器や手などを拭くために使用するものを言います。ハンドタオルに似た、幅、長さともに30~35cm程度ものが代表的ですが、フェースタオルに近い大き目のものもあります。

ボディータオル
体を洗うためのタオルです。洗うための機能性が注目され、様々な素材で作られていることが特徴といえます。幅25~35cm、長さ90~110cm程度です。

スポーツタオル
運動時等の汗拭きや洗顔など比較的多くの水分を吸収する用途で利用します。幅35~45cm、長さ90~130cmです。

オシボリタオル
おしぼり、ふきん、ハンカチとして利用します。幅25~35cm、長さ30~45cmです。

マフラータオル
襟元を温めるマフラーとしての名前がついていますが、紫外線防止のショールに近いものや応援グッズとして使用するものまで用途は様々です。サイズや重さも様々ですが、幅20cm程、長さ100~120cm、75~100g程度のものが定番と言えます。

ビーチタオル
ビーチやプールで使うタオルです。バスタオルよりも1、2回り大きなサイズで、少々厚手のものが一般的です。ガウンやポンチョ型で羽織ったり、着替えに利用するものもビーチタオルと言われることもありますが、用途が違いますのでサイズや厚さも全く異なります。小学生の頃に、ポンチョ型は使っていました(笑)

他にも、実はあるんです!皆さんに身近なタオルが!!

ギフトタオル
タオルをパッケージングするなどして、贈答用にしたタオルパッケージを言います。よく百貨店にありますよね。よく買ってしまいます、、、

オリジナルタオル
チーム、学校、団体等のイベントや記念品として独自のデザインを施すタオルを言います。業界では「名入れ」という用語がよく利用されます。

ラップタオル
タオルに紐、ゴム、ボタンなどを付けて、体を覆う衣類とするものを言います。

他にも、ケット、シーツ、マット、バスローブ、エプロン、キャップ、バッグなど様々なタオル生地を使った商品が世の中にはあります。

なぜタオルにこだわった方がいいのでしょうか…?

日本の風土が大きく影響し、湿度の高い日本では、乾きの良い薄手のもの、色は白を基調にしたものが好まれる傾向にあります。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です