安い・手軽「重曹」を使ったお掃除

どーも!
anymo(エニモ)です!

重曹には掃除に効果的なことがたくさんあることをご存知ですか?

重曹を使うだけでさまざまなところを掃除できます。

そこで、今回は手軽に買えて、どこにでも使える重曹について紹介していきたいと思います。

NaHCO3

「重曹」とは

重曹とは、ナトリウムの炭酸水素水である炭酸水素ナトリウムのことで、白い粉末状のものです。

重曹には「食用」「医薬用」「工業用」の三種類があります。

食用としては、ベーキングパウダー(ふくらし粉)として主にお菓子作りや野菜のアク抜きに使われています。

医薬用としては、胃もたれなどに効果があると胃腸薬によく使われています。

工業用では、消化器や製紙の材料や精密機器の洗浄、外壁の汚れの除去などに使われています。

掃除をする際にはこの工業用の用途が使われます。

「重曹」の効果

1.油を分解する効果

アルカリ性の重曹が酸性の油と混ざると、石鹸のような性質に変化し、油汚れを浮かして取り除いてくれます。

なかなか油汚れが落ちにくいコンロや換気扇、電子レンジなどのお掃除、皮脂や汗などで汚れてしまった浴槽の掃除にも最適です。

また、ドアノブやトイレのペーパーホルダーなどについた手垢も落としてくれます。

2.クレンジング効果

水に溶けにくい重曹を粉状のまま擦ると、研磨剤のような働きをして、お茶碗についた茶渋などの汚れを落とすことができます。
重曹の粒子はあまり硬すぎることがないので、たとえ擦ったとしても、傷付けるようなことはほとんどありません。

3.脱臭効果

重曹はアルカリ性なので、食べ物や汗などの臭いの原因となる酸性の臭いを取り除いてくれる働きをします。

冷蔵庫の臭い、悪臭の原因となる生ゴミや靴についた汗などで臭いがこもってしまう靴箱などに効果があります。

4.汚れを浮かしてくれる

お酢などの酸性のものと混ざることで、汚れを浮き上がらせ、汚れを落ちやすくしてくれます。

ヌメリのある排水管の汚れに効果的です。

「重曹」の使い方

1.粉状でそのまま使う

重曹を粉状のまま直接ふりかけて使います。

重曹の入った袋から、使う度に重曹を出して振りかけると必要以上に使ってしまったり、すぐに出せなかったりと効率が悪いのです。そこで、100円ショップなどで販売されている調味料を入れる瓶や容器などに重曹を入れて使うのがオススメ!

ぬいぐるみなどの消臭、シンクのくもり取り、カーペットや畳の掃除の時などには、重曹をそのまま使うといいでしょう。

ヌメリのある排水管の汚れには重曹をまぶし、そこにお酢をかけます。すると重曹とお酢が反応して泡が出てその泡が排水管のヌメリをきれいにしてくれます。

2.水に溶かして使う(重曹水)

重曹は水に溶けると洗浄力がアップする性質を持っています。

水200ml(1カップ)に対して重曹を大さじ1杯程度入れて溶かして使います。

スプレーボトルなどに入れて作るといいですね。

水に溶かした重曹は、重曹水として車内にこもった臭いを取りたい時、照明器具の汚れやエアコンのフィルターの掃除の時に使うのに向いています。

3.ペースト状にして使う

重曹3に対して、水1の割合でペースト状にします。

こすってもなかなか落ちない鍋にこびりついた頑固な焦げや茶渋、タイルの目次に生えたカビ、ドアノブやスイッチなどの手垢を取りたい時などに使うといいでしょう。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です