知っておきたい ~おせち料理~

どーも!
anymo(エニモ)です!

今回は日本人が毎年お正月に食べるおせち料理についてまとめました。

おせち

「おせち料理とは」

おせち料理はもともと季節の変わり目とされる「節」に、神に「節供(せっく)」と呼ばれる供え物をして、宴を開くという宮中行事で用いられた料理です。

「御節供料理」と呼ばれたこの料理は庶民にも浸透し、正月の「おせち料理」として定着したのです。

また、おせち料理は重箱に詰めるのが一般的ですが、重箱には幸せを重ねるという意味が込められています。

よく売られているものは二段や三段が主流で、五段の場合もありますが、正式な段数は四段となります。

これは完全な数を表す「三」の上にもう一段重ねた数です。

上から「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」と呼び、何番目のお重に何を詰めるかが決まっています。

「四の重」でなく「与の重」というのは、四は死を連想させて縁起が良くないとされるためです。

「四段重の場合の詰め方」

・一の重

祝い肴、口取りかまぼこ、栗きんとん、伊達巻き、田作り、黒豆、数の子、きんぴらごぼうなどを詰めます。

・二の重

焼き物、鯛や鰤などの焼き魚、海老をはじめとする海の幸を詰めます。

・三の重

酢の物、紅白なますなどを詰めます。

・与の重

筑前煮などの煮物を詰めます。

三段重の場合は、一の重に祝い肴と口取り、二の重に焼き物と酢の物、三の重に煮物を詰めます。

「おせち料理の種類」

地域によって品数は異なりますが、すべて揃えると20-30種類にも及びます。代表的なものを、まとめました。

・黒豆

邪気払いの意味と、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められている。

・数の子

ニシンの腹子である数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄を願う縁起物。

・田づくり

片口イワシの稚魚を干して飴炊きにしたもの。片口イワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったことにちなみ、五穀豊穣を願う。

・叩き牛蒡

牛蒡は、地中深くに根が入っていくので、家の基礎が堅牢であることを願うとされている。

・かまぼこ

紅白、または松竹梅の柄などでおめでたさを表す。紅白の場合赤は魔除け、白は清浄の意味もある。

・伊達巻き

形が巻物に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められている。

・きんとん

漢字では「金団」と書く。黄金にたとえて金運を呼ぶ縁起物。

・紅白なます

水引をかたどっているとされ、平安や平和を願う。

・車海老艶煮

茹でるとお年寄りのように腰が曲がることから、長寿でいられるようにという願いが込められている。

・昆布巻き

「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして、縁起が良いとされた。

・筑前煮

穴にちなんで将来の見通しがきくとされる「蓮根」や、小芋をたくさんつけることから子孫繁栄の縁起物とされる「里芋」の他、土の中で根を張る根菜を用い、末永い幸せを祈願する意味がある。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です