そもそも冬至にやることは?

どーも!
anymo(エニモ)です!

2016年の冬至は本日12月21日です。

皆さんは冬至をご存知だと思います。

しかし、冬至はどういう日なのかと聞かれると「日が短い」「かぼちゃを食べる」ということくらいしか答えられないと思います。

そこで今回は冬至についてまとめてみました。

 

「冬至とは」

 

地球は赤道で北半球と南半球にわかれています。私たちが住んでいる日本は北半球です。

その北半球で太陽の位置が最も低くなり、太陽が昇ってから沈むまでの時間が短い日、それが冬至です。

つまり、昼が短くて夜が長い、一年で一番日照時間が短い日が冬至なのです。

北半球で冬至のとき、反対の南半球では夏至になります。北と南で季節が逆になるんですね。

私はいつも不思議に感じます。

また、日本では大体12月22日ゴロに冬至になることが多いです。

因みに今年は12月21日でしたが、

2017年 12月22日

2018年 12月22日

2019年 12月22日

2020年 12月21日

2027年までは閏年の冬至は21日

それ以外の年は22日となっています。

 

「冬至の一陽来復(いちようらいふく)」

 

冬至は一年で最も昼が短いということは、翌日から昼が長くなっていくと置き換えられます。

古来中国や日本では、太陽の力が一番弱まった日であり、冬至を境に再び力がよみがえっていくことから再び陽にかえるという意味の一陽来復という言葉を使っていました。

 

「冬至に食べるかぼちゃ」

 

 

かぼちゃ

冬至に日本では「かぼちゃ」を食べるという習慣があります。

本来、かぼちゃは夏が旬の野菜です。昔は今のように食料が豊かではなかったので夏に採れたかぼちゃを保存しながら食べていました。

そんな、かぼちゃを食べると次のような効能があると言われています。

・風邪予防, 冷え性

かぼちゃにはビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・鉄分が含まれていて、風邪予防、冷え性、動脈硬化、貧血などたくさんの効果があります。

昔の人はそこまで詳しく知らなかったと思いますが、先人の知恵はすごいですね。

・運盛り(うんもり)

昔の冬至は「ん」のつく食べ物を縁起のいい食べ物としていました。それを運盛りと言います。

かぼちゃも南瓜(なんきん)と呼ばれて「ん」のつく食べ物のひとつでした。

 

「冬至の七草」

 

運盛りの中でも「冬至の七草」と呼ばれるものがあります。

・南瓜(かぼちゃ)

・蓮根(れんこん)

・人参(にんじん)

・銀杏(ぎんなん)

・金柑(きんかん)

・寒天(かんてん)

・饂飩(うどん)

これらが「冬至の七草」です。どれも「ん」がついています。

縁起がいいです。

なんて言われるとなんだか冬至に食べたくなってきませんか?

 

「体ポカポカゆず湯」

ゆず

ゆず湯はもともと、運を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。

そんなゆず湯ですが、2つの入れ方を紹介します。

・丸ごとお風呂へ

ゆずの数が少ないと香りをほとんど感じられないので、たくさん入れます。

・輪切りにカットして袋に入れてからお風呂へ

ゆずが少ないときでも香りがよく、成分が出やすい方法です。

ガーゼや洗濯ネットなどを袋として、中身が出ないようにします。

ただ、丸いゆずが見えないのが残念です…


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です