冬風邪の対策と予防法は?

どーも!
anymo(エニモ)です!

最近、北風が冷たくなってきました。

こんな時期になると風邪が流行ってきます。

そこで今回は、朝起きてなんか喉がおかしい、だるいといった初期の風邪の状態になった時の対処法を見ていきたいと思います。

 

「食べることで風邪を治す」

 

・風邪の時避けたほうがいい食べ物

アイス、唐辛子、チョコレート、ハム、マグロ、大豆製品、アボカドは避けたほうがいいです。

風邪をひいてしまうとどの症状でも胃腸の機能が低下してしまいます。

そのため、上にあげたような、冷えているもの、刺激の強い食べ物、脂質の多いお肉や魚、食物繊維を多く含む野菜などは避けたほうが良いです。

風邪をひいている状態でおなかを下してしまうと、さらに苦しくなってしまうので気を付けたいところです。

・風邪の時食べたほうがいい食べ物

タンパク質やビタミンC、ビタミンAを摂取しましょう。

タンパク質やビタミンCは風邪への免疫を高めてくれます。

具体的にはタンパク質を脂質の少ない鶏のささ身胸肉で摂取し、ビタミンCはピーマンレモンに多く含まれます!

そして、ビタミンAは粘膜を構成している細胞をつくり、保護してくれます。

ビタミンAはニンジンほうれん草で摂ることがおすすめです!

しかし、食欲がない・・・

なんてことも風邪をひいてしまうとあります。

食欲がないときは無理に食事をせず、水分補給は欠かさないことが大切です。

「休養をする」

体を安静にして温かくして、ゆっくり休養をすることで風邪の治りをより早くしましょう!

「日ごろからできる風邪予防」

・帰宅したらうがい手洗い

一番基本的なことですが、帰ったらうがい手洗いをすることはとても大事です。

外出先ではドアノブなど様々な人たちが触るものに触れるため、そこから感染することが多いからです。

・部屋の乾燥を防ぐ

風邪は空気が乾燥しているところで蔓延しやすいです。

部屋の湿度は40%以下にならないように加湿器を使って乾燥を防ぎましょう!

その他にも意識して鼻呼吸をする、人込みを避ける、マスクで予防をすることが挙げられます。

日頃から風邪にならないような習慣を身に着けて、風邪をひかない、重症化させないようにしていきましょう。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です