いったい一石何鳥!? 身近な植物油 ~オリーブオイル~

どーも!
anymo(エニモ)です!

皆さんは、料理を作る際にオリーブオイルを使用していますか?

オリーブオイルにはさまざまな効能があります!

今回は、そんなオリーブオイルについてまとめてみました。

 

「オリーブオイルの働き」

・生活習慣病の予防

乳製品や動物性脂肪など、コレステロールを多く含む食品を長期間とり続けていると肥満や動脈硬化、糖尿病、高血圧など生活習慣病の原因となる悪玉コレステロールが血液中に増加してしまいます。

オリーブオイルには悪玉コレステロールを減らしてくれるオレイン酸がなんと約7割も含まれています。

私は揚げ物や肉料理が好きなので、悪玉コレステロールを下げる効果があるのはとてもうれしいです!

・アンチエイジング効果

オリーブオイルには抗酸化作用があり、肌の老化を遅らせる効果があります!

また、オレイン酸以外にもビタミンEやポリフェノールなど活性酸素を抑制する栄養が豊富に含まれています。

・ダイエット効果

オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、脳の視床下部にある満腹中枢に働きかける作用があります。

食事の1時間前にオリーブオイルをとることで、満腹感が起こりやすく食べすぎの予防ができるのです。

ダイエットをしている方には必見ですね!

・整腸作用

オレイン酸は小腸で消化吸収されにくい性質を持ち、腸に刺激を与えて動きを活発にし、便秘を解消する効果が期待できます。

・美肌効果

オリーブオイルの色素成分であるクロロフィルは、体内の毒素を排泄する効果を持っており、ニキビや吹き出物などの炎症を鎮める働きがあります。

他にもオリーブオイルには血小板の凝血を抑えてくれる働きがあり動脈硬化の予防、ミネラルの吸収を高める効果もあり骨粗しょう症の予防にもなります。

本当にオリーブオイルは健康にいいことだらけです!

 

「オリーブオイルの摂取量」

ダイエット、アンチエイジング、美肌効果と女性にとっていいこと尽くしのオリーブオイル!

しかし、オリーブオイルは油類ですからカロリーは他の食物油と同じように高く、5gあたり46kcalです。

いくらオリーブオイルが健康にいいからと言って摂りすぎてしまうとカロリーの摂りすぎになってしまいます・・・

なので一日に大さじ1∼2杯(大さじ一杯 13g)が目安とされています。

朝食の味噌汁や納豆に少量入れたり、サラダにかける、炒め物をするときにオリーブオイルをフライパンに敷くなどさまざまな摂り方があります。

お気に入りの摂り方を見つけて毎日実践していきたいですね!


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です